タイトル画像

新着情報

北海道冬季電源喪失 数10万人死亡のハイリスク 速報Radiation Protection Information Center

投稿中論文の緊急速報 

冬季北海道での電源喪失時の人的リスクを予測するために, 月別の気温,死亡数,疾病別死亡数, 人口の年齢分布,電力使用量の基礎データを収集し分析した. 2018年9月6日の胆振東部地震後の節電事象の経験から, 冬季北海道では6割の節電要求が予測された. 電源喪失に続く長期の電力不足事態は, 道民の生活や経済への影響が大きいばかりか, 病院での電力喪失, 住宅での暖房喪失, 食糧不足による, 北海道内の高齢者, 児童や乳幼児の生命のリスクが増大することが判明した.
なお、本研究成果は現在、学術誌に投稿中です。

Get Adobe Reader

※ PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Reader日本語版が必要です。お持ちでない方は上のボタンをクリックし、手順に従いダウンロード(無償)して下さい。