タイトル画像

新着情報

スターリンによる核武装とソ連抑留日本人の運命Radiation Protection Information Center

世界大戦が2度あった20世紀。その後半は、アメリカとソ連の間で、人類文明を破却しかねない核兵器開発を軸とした激しい冷戦があった。ソ連崩壊後の21世紀、アジアでの共産党独裁2国、チャイナは核武装を背景とした太平洋への覇権拡大戦略、朝鮮は核武装化に向かっている。
今回、高田純は旧ソ連の核災害地の調査を背景に、昭和20年8月、満州からシベリアへ抑留された日本人元将兵多数が、ソ連の核武装計画に巻き込まれていたとする論考をまとめた。
対ドイツ戦で疲弊していたソ連、米国に4年遅れたが、スターリンは核爆弾開発を決断した。ソ連陣営は、国内の囚人となった政治犯、ドイツ兵士捕虜、そして終戦直後にソ連へ抑留した日本人を無給労働力として利用しながら、核武装化に最大の資源を投入した。その背景に、共産党一党独裁の権力の土台となる全土に配置した矯正という名の強制収容所があった。2万人を超す日本人ソ連抑留行方不明者の謎に迫る試みである本研究から、核武装にむけた強制労働で多数の日本人が犠牲になった描像が浮かび上がった。
第一報は、WiLL 7月号 ワック社 2018年5月26日発売

Get Adobe Reader

※ PDFファイルをご覧頂くにはAdobe Reader日本語版が必要です。お持ちでない方は上のボタンをクリックし、手順に従いダウンロード(無償)して下さい。